Antoine de Saint-Exupéry

小君主
    

第XI章

第二の惑星には無駄な人が住んでいました:

ああ!ああ!それは賛美者の趣向です!彼は小さな王子を見てすぐに遠くから無駄な人を叫んだ。

なぜなら、無駄な人のために、他の人は崇拝者だからです。

「おはようございます」と、小さな王子は言いました。あなたは面白い帽子を持っています。

無駄な人に答えた。私が称賛されたときには敬意を表します。残念ながら、彼はここで誰も渡すことはありません。

- はい?小君主は、理解していないと言った。

"あなたの手を一緒に握ってください"、無駄な1つを言った。

幼い君主が一緒に手を打った。無駄な男は穏やかに弓をあげて帽子を上げた。

"それは王の訪問よりも面白いです"と、小さな王子は自分自身に言った。そして、彼は再びお互いに手を打つようになった。無駄な人は彼の帽子を上げて挨拶を始めました。

5分間の運動の後、小さなプリンスはゲームの単調さに飽きた。

「そして帽子が落ちるためには、どうしたらいい?

しかし、幻想的な人は彼の話を聞かなかった。無駄な人は何も聞こえません。

あなたは本当に私を尊敬していますか?彼は小さな王子に尋ねた。

- 賞賛するのはどういう意味ですか?

賞賛するということは、私が地球上で最も美しく、最高の服を着た、最も豊かで最も知的な人であることを認識することです。

しかし、あなたはあなたの惑星だけにいます!

- 私にこの喜びを与えてください。とにかく私を賞賛する!

"あなたに感心しています"と小さな君は言った、肩を少し肩をすくめて "しかし、どうやってそれに興味がありますか?

そして、小さな君主は去った。

大人たちは明らかに奇妙で、彼は旅行中に自分自身に考えました。