Antoine de Saint-Exupéry

小君主


    

第12章

次の惑星には酒飲みが住んでいました。この訪問は非常に短かったが、それは小さな王子を大きな憂鬱に突き落とした:

- ここで何をしていますか?彼は空のボトルのコレクションとフルボールのコレクションの前に沈黙の中にインストールされて見つかった飲酒者に言った。

「飲み物」は、酔っぱらい空気で飲みました。

- どうして飲みますか?小君主に尋ねた。

「忘れて」、酒飲みは答えた。

何を忘れる?すでに彼に払っていた小さな君主に尋ねた。

「私が恥じていることを忘れるために」、酒飲みを告白し、頭を下げた。

- 何の?彼を助けることを望んでいた小君主に尋ねた。

- 飲むもの!黙って自分を閉じた酒飲みを終えた。

そして、小さな王子は遠ざかり、困惑した。

大人たちは確かに非常に奇妙で、旅行中に彼自身に言った。