Antoine de Saint-Exupéry

小君主

    

第17章

小さな君主は砂漠を横切って花を1つしか会わなかった。三つの花びら、何もない花の花...

「おはようございます」と、小さな王子は言いました。

- こんにちは、花は言った。

- 男性はどこにいますか?幼い王子は丁寧に尋ねました。

ある日、花にはキャラバン・パスが見えました。

- 男性?私は信じています、彼らのうちの6〜7年前、私は数年前にそれを見ました。しかし、それらを見つける場所は決して決してありません。風が彼らを歩いている。彼らは根を欠いている、それはそれらをたくさん気にする。

「さようなら」、小さな王子は言った。

「さようなら」と花は言った。