Antoine de Saint-Exupéry

小君主
    

第21章

そして今、もちろん、6年経ちました...私はまだこの話を聞いたことがありません。私を見た同志たちは、私が再び生きているのを見てとても嬉しかったです。私は悲しかったが、私は彼らに言った:それは疲れている...

今私は少し慰めている。それは言うまでもありません。しかし、私は彼が彼の惑星に戻ったことを知っています。なぜなら、夜明けに私は彼の体を見つけられなかったからです。そのような重い体ではなかった...そして、私は夜に星を聞くのが好きです。それは5億の鐘のようなものです...

しかし、今、彼は何か特別なことを経験しています。私は小さな王子のために描いた銃口、私は革のストラップを追加することを忘れました!彼は決してそれを羊に結び付けることはできませんでした。だから私は "この惑星で何が起こったのか、羊たちが花を食べたのかもしれない..."

私は自分自身に言うことがあります:「まったくいいえ!」小さな王子は毎晩彼のガラスの世界の下で彼の花を縛り、彼は羊をよく見る。そして、すべての星は穏やかに笑っています。

「それは一度や二に気を取られ、それは十分だ。彼はある晩、ガラスを忘れてしまった、またはヒツジは夜の間にノイズなしで外に出た...」そして少し鐘に変更されています時々私は自分自身に言います涙...

これは大きな謎です。幼い王子を愛しているあなたのために、私にとっては宇宙の何も似ていません。もしどこかにわれわれがわかっていない羊、わかっていない、ええ、バラを食べました...

空を見てください。羊は花を食べたのかしなかったのでしょうか?そして、あなたはすべてがどのように変化するかを見るでしょう...

そして、大きな人はそれがとても重要だということを今まで理解することはありません!

それは私にとって、世界で最も美しく悲しい景色です。前のページと同じ風景ですが、私は再びそれを描いてあなたに見せてくれました。幼い君主が地上に現れた後、姿を消したのはここです。

あなたがアフリカで砂漠で一日旅行するならば、それを認識するためにこの風景を注意深く見てください。そして、あなたが通過した場合、私はあなたに頼んで、急いではなく、星の真下で待ってください!もし子供があなたに来たら、笑っていれば、金髪になっていて、質問しても答えないなら、彼は誰だと思うでしょう。だからいいね!私はとても悲しいままにしないでください。すぐに私に手紙を書いてください。