Antoine de Saint-Exupéry

小君主


    

第6章

ああ!小さな君主、少しずつ、私はあなたの小さな憂鬱な人生を理解しました。あなたは夕日の甘さを楽しむのに長い時間しかかかりませんでした。あなたが私に言った朝の4日目に、この新しいディテールを学びました:

- 私は夕日が好きです。日没を見に行こう...

しかし、我々は待たなければならない...

- 何を待ちますか?

太陽が降りるまで待ちます。

あなたは最初は非常に驚いていたように見えて、あなたは自分自身で笑った。あなたは私に言った:

私はいつも家で私を信じています!

確かに アメリカで正午になると、誰もが知っている太陽はフランスにある。日没を見るには1分でフランスに行くことができれば十分でしょう。残念ながら、フランスは遠すぎます。しかし、あなたのとても小さい惑星では、あなたの椅子をいくつか引っ張っていくだけで十分でしょう。あなたが望むたびに、あなたは夕暮れを見ました...

ある日私は太陽が3回4回ダウンするのを見た!

ちょっと後であなたに追加しました:

- あなたが知っている...私たちがとても悲しい時、私たちは夕日を愛する...

「43回の日、あなたはとても悲しかったですか?しかし、小さな君主は悔い改めません。